ハーブについて

ハーブティーにお料理に、お風呂に、ポプリにアロマオイルに・・・ 多用な使い道のあるハーブですが、本来は自生しているものです
野原に生えているオオバコやタンポポ、ドクダミなども、ハーブの一種です

ヨーロッパをはじめ、世界各国で薬用の薬草やスパイスとして使用される、有用な植物をさします
日本では薬事法で医薬品に分類されないものは、野菜として市販されていますので量などの規定はありません
一度に沢山摂取しても吸収しきれない分は排出されますが、ハーブティーなどはお料理に少量お使い頂く場合よりも摂取量が多くなります
薬効効果のあるものもありますので、短期間での過剰な摂取にはご注意ください

また以下に該当される方はご注意ください


・お薬を服用中の方や通院中、持病をお持ちの方
ハーブの種類によっては、薬との飲み合わせに気をつけた方が良いものがあります
通院中の方や、お薬を服用中の方、高血圧、糖尿病などの持病をお持ちの方は
かかりつけの医師にご相談の上お召し上がりください


・妊娠中、出産後、授乳中の方
ハーブは薬ではなく食用品ですが、子宮収縮などの作用があるものもあります
妊娠中など、デリケートな期間ですので、ハーブを摂取される場合は
かかりつけの医師にご相談の上ご使用ください


・小さな子様・ご高齢の方
小さなお子様や、ご高齢の方は大人と同じ量ではなく、ハーブティーなどは
薄めにお召し上がり頂くことをお勧め致します



注意点を書きますと、難しいものでは・・・? 危険なの・・・?と思われるかもしれませんが
あくまでも食品の分類であり、どんな食品でも共通する事ですが
短期間での過剰な摂取でない限り問題はありません

ハーブはお薬ではなく食品であり、症状の緩和や治癒をお約束するものではありません
薬効効果については諸説ありますので、ナチュレのホームページでは記載しておりません

植物のもつ穏やかな成分を、体調や気分に合わせてお楽しみ頂ければと思います
すっきり爽やかな香りのミントで涼を感じたり・・・ フェンネルの甘くほろ苦い香りに癒されたり・・・・
毎日の生活のちょっとしたスパイスに、ナチュレのハーブをお使い頂ければ幸いです